「グローバルケア&クリーン」対策

「グローバルケア&クリーン」対策

ハイアットは常に安全で清潔な環境を提供し、世界中にある全てのハイアットのホテルで最高水準の清潔さを追求しています。


ハイアットは、60年以上にわたる世界的なホスピタリティー企業としての知見と企業理念であるケアの精神の下、お客様と従業員の安全と安心のために、世界中のハイアットのホテルへ「グローバルケア&クリーン」 対策の運営ガイダンスとリソースを提供します。この取り組みは、これまでハイアットが厳格に実践してきたプロトコルを基に多層的に構築したもので、グローバル・バイオリスク・アドバイザリー・カウンシル(GBAC)による認証プロセスと従業員トレーニングのためのリソース提供、さらにホテル滞在に伴うさまざまな状況に助言する医療と旅行業界の専門家による分野を超えたワーキンググループの発足が含まれています。

世界的な衛生基準の取得に向けて

2020年5月、ハイアットは、衛生的で安全かつ健康的なホテル環境の構築のために、実践に基づく清掃、消毒、感染症予防プログラムを通じて、GBAC STARTM 認証の取得を目指します。GBAC STARTM認証は、世界中に900以上あるハイアットのホテルでのきめ細かなトレーニングを含み、またこれを補完するために、定期的な内部監査と第三者による監査を行う予定です。

GBACは世界的な洗浄業界団体であるISSAの一部門であり、病原性微生物による脅威の分析と緩和における専門家集団で構成されており、特に生物学的脅威、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミックのようなリアルタイムの危機に対処するように準備されています。

各ホテルに衛生スペシャリストを配置

従業員のウエルビーイングは、ハイアットのビジネスの中心であり、お客様へのサービス向上とケアを推進する核となるものです。COVID-19感染予防対策として、ハイアットでは従業員やお客様の安全を確保するために、新たな作業手順やトレーニングを開発し続けています。

さらに、 「グローバルケア&クリーン」対策の一環として、 2020年9月 までに、衛生管理者として再トレーニングを受けたスタッフを少なくとも1名ハイアットの各ホテルに配置する予定です。新しい運営ガイダンスとプロトコルには以下が含まれます。

  • 衛生水準維持のための従業員の認証、訓練、再認証プロセス
  • 接触の多いあらゆる表面や、ロビー、客室、レストラン、会議および宴会スペース、レクリエーションエリア、公共エリアのトイレ、フィットネスセンター、エレベーターのボタン、従業員エリアなどの共有スペースにおける病院レベルの消毒剤による洗浄頻度の加増
  • レストラン、ルームサービス、会議および宴会利用での食品安全と衛生プロトコルの実施
  • ホテル内の公共エリア、従業員エリア、エントランスでの手指消毒剤の設置
  • 空気の清潔性を確保するための浄化装置の設置
  • 従業員が着用する防護マスクやその他の器具の準備
  • ホテルの公共エリアにおけるソーシャル・ディスタンスの案内
  • 世界保健機関(WHO)米国疾病管理予防センター(CDC), および地元の保健当局や他の専門機関·専門家が推奨するガイダンスや情報に沿って、予防対策ポリシーを適宜更新

各部門の専門家や識者との取り組み

COVID-19危機の発生時、ハイアットは垣根を超えたグローバル・クロスファンクショナル・チームを編成し、感染症と労働衛生に関する専門家と共にCOVID-19の調査結果や情報に応じた各ホテルへの詳細なガイダンスを迅速に策定・更新し、個別のニーズや状況に対応することができました。

ハイアットは「グローバルケア&クリーン」対策の一環として、ホスピタリティー業界および医療の専門家との関係を継続します。このワーキンググループは、ハイアットのビジネスの主要分野について助言し、ニューノーマルな環境において、より包括的に行動するために発足しました。同ワーキンググループの領域は次のとおりです。

  • 健康と衛生
  • 従業員の安全性
  • 食品・飲料の安全性
  • トラベル
  • 空間デザイン
  • 非接触型テクノロジー
  • ウエルビーイング

ハイアットの「グローバルケア&クリーン」対策は、現在そして将来にわたって人々が最高の状態でいられるようにケアするという私たちの使命を進化させた重要な取り組みです。全てのお客様と従業員が、ハイアットの新衛生対策による取り組みが彼らの安全と健康を第一に考えて行われていることに確信を持っていただきたいと考えています。

ハイアットは常に安全で清潔な環境を提供し、世界中にある全てのハイアットのホテルで最高水準の清潔さを追求しています。


ハイアットは、60年以上にわたる世界的なホスピタリティー企業としての知見と企業理念であるケアの精神の下、お客様と従業員の安全と安心のために、世界中のハイアットのホテルへ「グローバルケア&クリーン」 対策の運営ガイダンスとリソースを提供します。この取り組みは、これまでハイアットが厳格に実践してきたプロトコルを基に多層的に構築したもので、グローバル・バイオリスク・アドバイザリー・カウンシル(GBAC)による認証プロセスと従業員トレーニングのためのリソース提供、さらにホテル滞在に伴うさまざまな状況に助言する医療と旅行業界の専門家による分野を超えたワーキンググループの発足が含まれています。

世界的な衛生基準の取得に向けて

2020年5月、ハイアットは、衛生的で安全かつ健康的なホテル環境の構築のために、実践に基づく清掃、消毒、感染症予防プログラムを通じて、GBAC STARTM 認証の取得を目指します。GBAC STARTM認証は、世界中に900以上あるハイアットのホテルでのきめ細かなトレーニングを含み、またこれを補完するために、定期的な内部監査と第三者による監査を行う予定です。

GBACは世界的な洗浄業界団体であるISSAの一部門であり、病原性微生物による脅威の分析と緩和における専門家集団で構成されており、特に生物学的脅威、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミックのようなリアルタイムの危機に対処するように準備されています。

各ホテルに衛生スペシャリストを配置

従業員のウエルビーイングは、ハイアットのビジネスの中心であり、お客様へのサービス向上とケアを推進する核となるものです。COVID-19感染予防対策として、ハイアットでは従業員やお客様の安全を確保するために、新たな作業手順やトレーニングを開発し続けています。

さらに、 「グローバルケア&クリーン」対策の一環として、 2020年9月 までに、衛生管理者として再トレーニングを受けたスタッフを少なくとも1名ハイアットの各ホテルに配置する予定です。新しい運営ガイダンスとプロトコルには以下が含まれます。

  • 衛生水準維持のための従業員の認証、訓練、再認証プロセス
  • 接触の多いあらゆる表面や、ロビー、客室、レストラン、会議および宴会スペース、レクリエーションエリア、公共エリアのトイレ、フィットネスセンター、エレベーターのボタン、従業員エリアなどの共有スペースにおける病院レベルの消毒剤による洗浄頻度の加増
  • レストラン、ルームサービス、会議および宴会利用での食品安全と衛生プロトコルの実施
  • ホテル内の公共エリア、従業員エリア、エントランスでの手指消毒剤の設置
  • 空気の清潔性を確保するための浄化装置の設置
  • 従業員が着用する防護マスクやその他の器具の準備
  • ホテルの公共エリアにおけるソーシャル・ディスタンスの案内
  • 世界保健機関(WHO)米国疾病管理予防センター(CDC), および地元の保健当局や他の専門機関·専門家が推奨するガイダンスや情報に沿って、予防対策ポリシーを適宜更新

各部門の専門家や識者との取り組み

COVID-19危機の発生時、ハイアットは垣根を超えたグローバル・クロスファンクショナル・チームを編成し、感染症と労働衛生に関する専門家と共にCOVID-19の調査結果や情報に応じた各ホテルへの詳細なガイダンスを迅速に策定・更新し、個別のニーズや状況に対応することができました。

ハイアットは「グローバルケア&クリーン」対策の一環として、ホスピタリティー業界および医療の専門家との関係を継続します。このワーキンググループは、ハイアットのビジネスの主要分野について助言し、ニューノーマルな環境において、より包括的に行動するために発足しました。同ワーキンググループの領域は次のとおりです。

  • 健康と衛生
  • 従業員の安全性
  • 食品・飲料の安全性
  • トラベル
  • 空間デザイン
  • 非接触型テクノロジー
  • ウエルビーイング

ハイアットの「グローバルケア&クリーン」対策は、現在そして将来にわたって人々が最高の状態でいられるようにケアするという私たちの使命を進化させた重要な取り組みです。全てのお客様と従業員が、ハイアットの新衛生対策による取り組みが彼らの安全と健康を第一に考えて行われていることに確信を持っていただきたいと考えています。