周辺スポット・アクティビティ

横浜の代表的な観光エリアである中華街・山下公園・みなとみらいなどが徒歩圏内に位置しています。

ハイアット リージェンシー 横浜

神奈川県横浜市中区山下町280-2
横浜, 日本, 231-8340

電話番号

Eメール


本日のご用件は


山下町まちあるき

山下公園

271 METER AWAY
日本最初の本格臨海公園。関東大震災のがれきを埋め立てて1930年に開園しました。インド水塔は開港後、絹などの輸出入のために移住したインド人が関東大震災にて被災、神戸に避難、横浜市がインド人用のオフィス兼住居を建築し横浜に戻ってこれるよう支援したことに対する感謝と震災の慰霊が込められています。世界の広場には六大陸にちなんだ樹木が植えられており、また、水の階段には様々な動物のオブジェが潜んでいるので探してみてください。

大さん橋

525 METER AWAY
世界の人々を迎える横浜港の玄関口で、海外・国内の大型客船が寄港する客船ターミナル「横浜港大さん橋 国際客船ターミナル」として活躍。個性的なデザインと斬新な構造の空間美を持ち、屋上広場は天然芝と船の甲板をイメージしたウッドデッキ仕上げで開放的な空間になっています。ベイブリッジから赤レンガ倉庫、みなとみらい21地区まで360度の夜景を楽しむ事が出来ます。

三渓園

4.63 KM AWAY
三溪園は、製糸、生糸貿易で財を成した実業家・原三溪が明治39(1906)年に開園した敷地面積18万平方メートルの広大な日本庭園。園内には京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置されています。園内にある臨春閣や旧燈明寺三重塔など10棟は、重要文化財に指定されています。また、梅や桜、ツツジ、紅葉などの名所としても知られています。

元町

1.0 KM AWAY
元町・山手の歴史や品格を感じることのできるショッピングストリート。メインストリートの元町通りだけでなく、ぜひ元町仲通り(クラフトマンシップストリート)や代官坂通りにある個性豊かな専門店も覗いてみてください。横浜家具の名残から、家具屋や修理屋が多く点在しています。山手から降りた後の元町散策は、また一味町が違って見えるかも。 2月と9月にのチャーミングセールには全国から多くの人が集まります。

横浜中華街

500 METER AWAY
もともと香港や上海の外国商館で働いていた中国人が、開港を機に横浜に移住。西洋人と日本人の貿易の仲立ちとして活躍し、中国人で集まり住むようになったことから中華街が形成されたそうです。横浜と香港・上海間に定期航路が結ばれると、日本産食材の輸入や、新しい技術を身につけた中国人の往来など、ますます関係が深まっていったようです。

日本大通

400 METER AWAY
R.H.ブラントンの設計により明治3年頃に完成した日本で初めての西洋式街路。神奈川県庁や横浜開港資料館、横浜郵便局、旧商工奨励館、旧市外電話局、横浜地方・簡易裁判所、三井物産横浜ビル、旧関東財務局など、重要な施設の立ち並ぶ街路であり、明治時代には、人力車や車が行き交う街のメインストリートとしての役割を果たしていました。紅葉の季節には、道路沿いのオープンカフェは美しく色づいたイチョウが眺められる人気の休憩スポットとなります。

港の見える丘公園

1.2 KM AWAY
横浜港を見下ろす小高い丘にあり、横浜ベイブリッジを望む絶好のビューポイントです。イングリッシュローズをテーマに一年草と宿根草との混植のガーデンとなり、四季を通していろいろなバラや草花が咲き競います。バラの見頃は、春と秋の2回。それぞれ5月中旬から6月中旬と10月中旬から11月中旬がバラの最盛期です。

氷川丸

600 METER AWAY
氷川丸は、1930年に太平洋横断シアトル航路へ就航した当時を代表する高速貨客船。喜劇王チャップリンも乗船したことで有名です。2006年に改装を行い、2008年に日本郵船氷川丸としてリニューアルオープン。2016年に重要文化財に指定されました。アールデコ様式の一等食堂や、一等喫煙室、一等特別室などを見学でき、プロムナードデッキからは、横浜港の風景が楽しめます。

ショッピング

赤レンガ倉庫(一号館及び二号館)

900 METER AWAY
横浜を代表する、レンガ造りの歴史的建造物です。1号館・2号館・イベント広場がございます。四季折々のイベントを行っており、どの年代でも楽しめる人気のあるスポットです。夜になるとライトアップされ、幻想的な雰囲気を味わえます。みなとみらいの夜景をご堪能ください。

クイーンズスクエア

1.9 KM AWAY
「みなとみらい駅」に直結した、グルメやショッピング、コンサートホール(横浜みなとみらいホール)、ギャラリーとあらゆるエンターテイメントを有する、みなとみらいの大型商業施設です。

ワールドポーターズ

1.2 KM AWAY
世界各国の輸入品を扱うショップを中心にレストランや映画館等が入るショッピングモール。1階フロアはフード、ハワイグッズをそろえた「Hawaiian Town」、2階、3階フロアはファッション、4階フロアはインテリア、5階フロアはみなとみらいの夜景を一望できるレストラン街、6階フロアはリラクゼーション&インテリアワールドと個性豊かなショップが約200以上。

Mark is

2.1 KM AWAY
みなとみらい駅直結、地下4階地上6階の都心型ショッピングモール。ファッションやスポーツ、インテリア雑貨、レストランなど、様々な店舗が入っている。5階のオービィ横浜は、大自然を体に感じ、臨場感あふれる体験ができるエンタテイメントミュージアム。大型湾曲スクリーンに空撮映像を投影し、地球上の様々な大陸の映像が楽しめる「アースクルージング」や本物と同じ大きさの動物たちを巨大スクリーンに映し出し、動物について学べる「アニマルペディア」など、今までになかった新しいエンタテイメントを体験できる。

ベイクオーター

3.2 KM AWAY
横浜駅直結で潮風を感じながらショッピングやグルメが楽しめるショッピングモール。2階には横浜の海上交通「シーバス」乗り場(横浜駅東口のりば)が併設され、山下公園や赤レンガ倉庫、みなとみらい地区(ぷかりさん橋)との行き来ができます。

三井アウトレットパーク横浜ベイサイド

11.2 KM AWAY
2020年春にグランドオープン。店舗数は従前から2倍の約170店舗(アウトレット日本初出店12店舗、関東初出店3店舗)に拡大し、洗練されたライフスタイルブランドやこだわりの地元飲食店など注目店舗が多数出店。海辺の環境を活かした施設づくりとフードコートの新設や賑わいを創出する広場などの共用部の充実によって、過ごしやすく滞在価値の高い施設へとリニューアル。

マリン & ウォーク ヨコハマ

1.2 KM AWAY
2016年3月、横浜みなとみらいにオープンした商業施設「MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン アンド ウォーク ヨコハマ)」は、セレクトアイテムやインポートブランドを扱う個性的なショップ、ベイフロントの景観を生かしたテラス席が自慢のレストランやカフェなどが揃うオープンモールです。赤レンガ倉庫の近隣にあり、海に面したオープン型モールで話題のスポット。

見どころ・遊び・体験

パシフィコ横浜

2.1 KM AWAY
MICEに必要な全ての機能を集約した世界最大級の複合コンベンションセンターです。5,000席の国立大ホール、20,000㎡の無柱展示ホール、大小約50室からなる会議センターを備えています。国際会議だけでなく、スポーツイベントやコンサートなど、数多くの催事が開催されています。

横浜スタジアム

550 METER AWAY
全国の野球ファンや、横浜市民に愛され、支えられてきた球場です。野球だけでなく、アメリカンフットボールや様々なスポーツなど様々なイベントにご利用できます。プロ野球チーム「横浜DeNAベイスターズ」の本拠地であり、通称「ハマスタ」と呼ばれています。

よこはまコスモワールド

1.9 KM AWAY
みなとみらい駅から徒歩約2分、高さ112.5m、480人乗りの世界最大級の観覧車「コスモクロック21」がシンボルの都市型遊園地。入園無料の園内には約30種類のアトラクションがそろっています。「ワンダーアミューズ・ゾーン」「ブラーノストリート・ゾーン」「キッズカーニバル・ゾーン」の3つのゾーンからなり、ジェットコースターや急流すべりも楽しめる。

カップヌードルミュージアム

1.5 KM AWAY
世界で初めてインスタントラーメンを発明し、全世界の食文化を革新した日清食品創業者である安藤百福氏の記念館。インスタントラーメンにまつわる様々な展示や体験工房などを通じて、発明・発見の大切さやベンチャーマインドについて楽しみながら学べる体験型食育施設。自分でデザインしたカップにお好きなスープと具材をトッピングして、世界で一つだけの「カップヌードル」を作ることができる「マイカップ ヌードル ファクトリー」はカップヌードルミュージアム 横浜の必須コンテンツです。

シーバス

700 METER AWAY
横浜駅東口ベイクォーター、赤レンガ倉庫、みなとみらいぷかりさん橋、山下公園を結ぶ海上バス。横浜観光に人気の乗り物であり、横浜のメインスポットを巡るので、陸上から横浜を楽しむのとは一味違った楽しみ方ができるます。

アンパンマンミュージアム

3.0 KM AWAY
2019年7月7日(日)にリニューアルオープン。「いっしょにわらうと、いっぱいたのしい。」をコンセプトに、アンパンマンの世界に入りたいというこども達の夢をかなえた参加・体験型のミュージアム。

横浜市開港記念資料館

450 METER AWAY
幕末・開港期から昭和初期までの横浜の歴史に関する資料を展示・公開し、常設展の他年4回に企画展も開催しています。旧館は英国総領事館だった建物で、昭和47年まで使われていました。敷地内にカフェも併設されています。

KAAT 神奈川芸術劇場

34 METER AWAY
「モノをつくる」「ヒトをつくる」「まちをつくる」の「3つのつくる」をテーマとする創造型の舞台芸術専用劇場。最新の舞台機構を誇る約1,200席のホールでは、演劇、ミュージカル、ダンス等の舞台芸術作品を上映し、神奈川の文化芸術の創造拠点となっています。NHK横浜放送会館(1-3階)との合築建築物になっており、レストラン、オープンカフェなども併設しています。

キリンビール横浜工場

7.6 KM AWAY
予約制でビールの醸造工程が見学60分、試飲20分で学ぶことができる工場見学ツアーに無料で参加が可能。見学後は工場内の庭園を散策することもお薦め。緑豊かな庭園には、ここでしか味わえないビールが楽しめるバーベキュー食べ飲み放題の「レストラン ビアポート」やクラフトビールが楽しめるレストラン「スプリングバレーブルワリー横浜」もあります。

横浜美術館

2.1 KM AWAY
ダリ、マグリット、セザンヌ、ピカソなどの作家や、幕末明治以降の横浜にゆかりの深い作家の作品など、19世紀後半から現代にかけての国内外の美術作品を収集。美術作品約1万点の所蔵品から、年間を通じてテーマごとに展示を行うコレクション展、多彩な企画展を開催しています。館内には、講座やワークショップを行う「子どものアトリエ」と「市民のアトリエ」、9万冊以上の美術図書や雑誌、映像資料を閲覧できる「美術情報センター」や、ミュージアムショップ、カフェ、レストランも併設。

神奈川県民ホール

山下公園・中華街等、恵まれた環境にある、全国屈指の大型文化施設として知られている。ヨーロッパの一流歌劇場の引越し公演から、ポップスコンサート、一般の方の利用に至るまで、幅広いジャンルの催しが行われています。また、県内屈指の規模を誇るギャラリーでは、一般の方の利用と並んで、新進気鋭の作家の個展が数多く開催されています。

横浜にぎわい座

落語、漫才、大道芸など、大衆芸能の専門館として誕生。寄席の雰囲気を満喫できる芸能ホール(大ホール)では、毎月1日~15日、若手から大御所、落語独演会から漫才、演芸、マジックなどバラエティーに富んだ幅広い内容の公演を日替わりで開催しています。

日帰りスポット

箱根

湯本温泉や芦ノ湖温泉など、都心からのアクセスがよい温泉町として知られる箱根。ロープウェイや名物黒たまごで有名な、このエリアを代表する観光スポット大涌谷、箱根海賊船などの遊覧船や、パワースポットとして有名な箱根神社もある芦ノ湖、珍しい湿原植物が数多く群生する千石原高原など、是非一度は訪れたいスポットが満載。

鎌倉

日本で初めて武士が政権を獲った鎌倉幕府が誕生した地として知られている。鎌倉の観光のメインストリートであり、鎌倉を代表する神社「鶴岡八幡宮」までの参道でもある小町通り沿いには、多くの飲食店や雑貨店が並び、海が近い鎌倉の名物である海鮮丼などのグルメも味わえる。その他、鎌倉の海沿いを一望できる展望台がある長谷寺、大仏がある高徳院、金運アップに効果があると言われている銭洗弁財天宇賀福神社、また、円覚寺や建長寺などの歴史的価値のある寺や、6月はあじさいが美しい成就院など、神社仏閣巡りが楽しめる。

湘南

江の島や新江ノ島水族館、京急油壺マリンパークなど海に関連する観光スポットが多くある。ビーチではサーフィンなどのマリンレジャーを楽しむ人も多く、夏は海の家と呼ばれる露店が並び、たくさんの人で賑わう。そのほか、海沿いを走る江ノ島電鉄や、水揚げされた新鮮な魚が味わえる三浦市三崎水産物地方卸売市場も湘南エリアならではのスポットとしておすすめ。

都心(新宿・渋谷・池袋)

東京の三大繁華街。渋谷:若者が多く集まる流行の発信地。渋谷を象徴する光景といっても過言ではないスクランブル交差点は、1日に50万人もの人が行き交う世界でも類を見ない交差点として外国人からも人気が高く観光スポットとなっています。新宿:地上202メートルの高さから東京の大パノラマが楽しめるツインタワーをもつ、都庁第一本庁舎の展望室を始め、都心のオアシスとして人気の庭園である新宿御苑や、多くの飲食店が立ち並びディープな雰囲気漂う歌舞伎町など、昼夜人波が途絶えることがない繁華街・歓楽街。池袋:家電量販店や百貨店が立ち並び、ショッピングのほかにもラーメンの激戦区やアニメ関連のスポット、文化施設の多い場所としても有名で、池袋独自の文化が育まれています。

浅草

江戸時代以前から繁華街として栄えてきた町であり、江戸時代の下町の佇まいを保っています。国内だけでなく国外からの観光客も多く、東京都内で最も古い寺である浅草寺の境内には、「雷門」と書かれた大きな提灯がぶら下がる雷門や日本最古の商店街である仲見世、五重塔、浅草神社などがある。