ニュースとイベント

フィルター

ニュース
ハイアット リージェンシー 大阪  - おせち 2020
開業25周年を迎えたハイアット リージェンシー 大阪のおせち
2018.09.30

6月に開催されたG20大阪サミットのワーキング・ランチで各国首脳陣をもてなしたハイアット リージェンシー 大阪が贈る伝統的かつモダンなアイデアを取り入れたおせちで華やかなお正月を。

お申込期間 2019年12月20日(金) 17:00まで

詳細・ご予約はこちらから >

ハイアット リージェンシー 大阪  - おせち 2020

ニュース
ハイアット リージェンシー 大阪  - クリスマスディナーショー
ハイアット クリスマスディナーショー
宮川彬良 & Osaka Shion Wind Orchestra
2019.09.11

毎年、好評を博し、今年で6年連続開催となる「宮川彬良 & Osaka Shion Wind Orchestra」のクリスマスディナーショー。ハイアット リージェンシー 大阪が贈るスペシャルディナーをご堪能いただいた後は、笑いあふれるトークを交えながらの宮川彬良、Osaka Shion Wind Orchestraが奏でるダイナミックな演奏や、表情豊かで優雅なダイナマイトしゃかりきサ~カスの歌声ともに聖なる夜を。

詳細・チケット購入はこちらから >

ハイアット リージェンシー 大阪  - クリスマスディナーショー

ニュース
ハイアット リージェンシー 大阪  - Stay as long as you like
アーバンリゾートで、様々なシチュエーションにかなう55時間ステイプラン「Stay as long as you like」誕生
2019.08.05

ホテルの客室に、ただお泊りいただくだけではなく、ホテルステイ体験を満喫いただけるよう、2連泊料金そのままに*ホテルクレジット50USドル分をお付けし、さらに21時までのスーパーレイトチェックアウトのステイプラン「Stay as long as you like」をご用意いたしました。

日常生活を離れることで得られる時間を、自由に、贅沢に。1日だけでは体験しきれない特別なひとときを。

※ホテルクレジットは、ホテル直営レストラン、ルームサービス、屋内・屋外プール、トリートメントサロンでご利用可能。チェックアウト時のレートで換算されます。

【プラン内容】
・2連泊以上
・ホテルクレジット 50USドル
・21時のスーパーレイトチェックアウト

※ホテルクレジットはチェックアウト時のレートで換算されます。
※ホテルクレジットは宿泊料金には充当いただけません。

 

「Stay as long as you like」は、こちらから 日付を選択してご予約ください >

 

 

ハイアット リージェンシー 大阪  - Stay as long as you like

ニュース
ハイアット リージェンシー 大阪 採用
思いやりに溢れた空間で、心のこもったサービスを
キャリア採用、パート・アルバイト採用、新卒採用のご案内
2018.10.01

ハイアット ホテルズ コーポレーションを象徴する「CARE(思いやり)」を重んじる企業文化。それは、お客様に限らず、一緒に働く仲間に対しても、人としての自然な心配りを大切にすることです。ハイアットでは温かい仲間に囲まれながら、お客様おひとりおひとりに心のこもったサービスを提供します。たくさんのお客様との出会い、たくさんの仲間との絆は、ホテル業界での活躍をお考えの皆様にとって、ホテリエとしての礎となるはずです。シティホテルでありながら、リゾート感あふれる豊かな施設を備えるハイアット リージェンシー 大阪には、それぞれが自分らしく、前向きにチャレンジできる環境が整っています。

ハイアット リージェンシー 大阪の採用情報はこちら >

ハイアット リージェンシー 大阪 採用

アワード
TripAdvisor2019年エクセレンス認証認定獲得
2019.05.23
ハイアット リージェンシー大阪は、TripAdvisorの2019年エクセレンス認証(Certificate of Excellence)の認定を獲得しております。この認定は世界最大の旅行サイトで一貫して高い評価を獲得されたことの証であり、選ばれた施設にのみ贈られるものです。

ニュース
リージェンシークラブ クラブラウンジ - ハイアット リージェンシー 大阪|ホテル
大阪と世界をつなげるクラブラウンジへ
リージェンシークラブラウンジ 2018年8月リニューアルオープン
2018.08.01

ハイアットブランドのホテルの中でも、「ハイアット リージェンシー」は人・モノ・コトなど全てがつながる場所、そして「つながることの価値を最大限に生かす」を念頭にデザインされたホテルです。新しいリージェンシークラブでは、この場所ならではの「THE PLACE TO CONNECT(つながる場所)」をご提案いたします。

リージェンシー クラブのご案内はこちら >

リージェンシークラブ クラブラウンジ - ハイアット リージェンシー 大阪|ホテル

ニュース
ハイアット リージェンシー 大阪 シャトルバスデザイン募集のご案内
2018.08.26

概要

ハイアット リージェンシー 大阪は、大阪市内にありながら、都会の喧騒を離れたベイエリアに位置し、アーバンリゾートを体験できるホテルを目指しています。

JR大阪駅からホテルを結ぶ無料のシャトルバスは、単なる移動手段ではなく、日常からちょっと先の非日常への「旅の始まり」として、お客様をお迎えしたいと考えています。

私たちのホテルのコンセプトである、「遊び心」や「クリエイティブな発想」を基に、乗車されるお客様にアーバンリゾートを感じていただけるシャトルバスのラッピングデザインを募集します。

締切

2019年9月16日(月・祝)

賞金

10万円

応募資格

個人(国籍不問)

*何作品案でも応募できます

参加費

なし

応募方法

バスの図形をベースに、イラストレーターで作成したデザイン図をご用意ください。(※CS6で保存ください)

窓やタイヤは、デザインを入れないようお願いいたします。

図面データ(AIファイル)はこちらからダウンロードしてください >
リンク上で右クリックし、「対象をファイルに保存」 をクリック

提出物

1)イラストレーターデータに加え、デザインの「タイトル」や「コンセプト」をご準備ください。

提出先

データはオンラインストレージを介してお送りいただきます。件名を「シャトルバスデザイン応募」とし、本文内にオンラインストレージのリンクURLを記載のうえ、次のアドレスまでメールでお知らせください。

nobuhisa.yoshimoto@hyatt.com
(@マークは半角英数に変換して宛先に設定ください)

*応募データは返却いたしません。

*応募方法が守られていない場合、応募は無効となります。

著作権の扱い

応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、入賞作品に関しては、カタログ・広告・ホームページ・その他の印刷物としての掲載や出版、展示に関する権利はハイアット リージェンシー 大阪が保有いたします。

応募に関するお問い合わせ

メールにてお問い合わせください。 宛先: osaka.regency@hyatt.com

*ハイアット リージェンシー 大阪への本件お問い合わせに関して、電話、FAX等での回答は一切いたしませんのであらかじめご了承ください。

*お問い合せをいただいた場合、原則として3営業日以内にご回答します。3日以内に何らかの回答が無い場合はお手数ですが再度お送りください。

*お問い合わせで取得した個人情報は、お問い合わせへの回答のみに使用し、法令の規定に基づく場合を除き、第三者へ提供いたしません。

審査基準

1. デザイン力

デザインが優れている。ホテルのコンセプトに沿ったデザインであること。

2. コンセプトの理解力

ホテルのコンセプトを理解し、反映している。

審査

2019年9月下旬予定

提出書類による書類審査。受賞者にのみ書面、もしくはEmailにて通知いたします。

応募数や応募内容によっては、受賞者該当なしとさせていただく場合もございます。

審査員

ミリアム バロリ(ハイアット リージェンシー 大阪 総支配人)

 吉本 展久(ハイアット リージェンシー 大阪 副総支配人)

 他2名


ニュース
宿泊税に関するご案内

2017年1月1日から大阪府条例により宿泊税が導入されることとなりました。2017年1月1日のご宿泊日以降、宿泊料金に応じて、フロントでのご精算時に宿泊税を別途頂戴いたします。また2019年6月1日のご宿泊日以降、対象となるご宿泊料金が変更となります。

宿泊税は、1泊1名様あたり100円〜300円となり、下の通り、ご宿泊料金により異なります。

 

【宿泊税】

ご宿泊料金が、10,000円以上15,000円未満の場合(2019年年6月1日以降のご宿泊 ご宿泊料金が、7,000円以上15,000円未満の場合)

宿泊税:100円

 

ご宿泊料金が、15,000円以上20,000円未満の場合

宿泊税:200円

 

ご宿泊料金が、20,000円以上の場合

宿泊税:300円

 

※ご宿泊料金は1泊1名様あたりの料金になり、お食事など含まれている場合は、その料金を差し引いた金額で計算されます。

 

【宿泊料金に含まれるもの】

素泊まりの料金、素泊まりの料金にかかるサービス料

 

【宿泊料金に含まれないもの】

消費税等に相当する金額(消費税、地方消費税、入湯税などの租税一般)、

宿泊以外のサービスに相当する料金(食事、会議室の利用、電話の利用などに係る料金)

 

ご理解、ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。